中古バイク購入の基礎知識(買ってはいけないバイク)

買ってはいけない中古バイク

二輪免許を取得したばかりのバイク初心者が中古バイクを購入する際、どのような点に注意すべきなのでしょうか。販売店の選び方や購入時期など、選ぶ基準やコツはさまざまありますが、逆に「決して買ってはいけない中古バイク」は何を基準にすべきなのでしょうか。今回は、特にバイク初心者が陥りがちな中古バイクの罠について解説していきます。

 

中古バイクは1点もの

まず、中古バイクはそれぞれが1点ものであり、全く同じ条件の車体はほぼ存在しないということがポイントです。新車のようにどの販売店で購入しても一定の品質が担保されているものではなく、新品同様の抜群のコンディションの車体もあれば、エンジンに深刻な不調を抱えている車体も少なくありません。外装状態が良くても極端に価格の安い車体は特に注意すべきです。なぜ価格が安いのかを販売店の担当者へ確認し、その理由が納得できるものであれば購入しても良いですが、中には虚偽の説明をする悪質な販売店も存在します。過去に購入したことがある販売店など、信用できるところでない限りは慎重に判断する必要があります。

 

中古バイクは古過ぎも要注意

また、年式が極端に古いバイクもできるだけ避けるようにしましょう。アフターパーツが手に入らなかったり、そもそもエンジンの載せ替えやオーバーホールが必要なケースも多く、多額の整備費用が発生する可能性もあります。購入する際には必ずエンジンを掛けてみて、一発で始動するかを確認してみましょう。また、エンジンの始動後はカラカラといった異音がしないか、不規則なエンジン音がしていないかも併せて確認します。

 

中古バイクのエンジン回りを要チェック!

さらにエンジンの周りやフロントフォークなどにオイル漏れが見当たらないかも重要なポイントです。適切な整備を施すことによってオイル漏れは改善することもできますが、できれば避けたほうが無難です。納車時点では問題がなくても、後にオイル漏れが再発する可能性も否定できません。

 

中古バイクの外装状態を確認

また、外装状態についても細心の注意を払って確認しましょう。ボディの一部分だけが不自然に色が変わっていないか、パーツを交換した形跡がないか、さらには極端な改造が施された車体も注意したいところです。特に給排気系はカスタムの定番ですが、同時に本来のパフォーマンスを発揮できなかったり、違法改造によって車検を通すことのできないケースもあります。外装状態の良し悪しは以前のユーザーがメンテナンスを適切に行っていたかを知る判断基準にもなります。中古バイクである以上は細かな傷や凹みは許容される範囲ですが、錆や汚れ、傷が目立つ車体は避けたほうが無難です。