中古バイク購入の基礎知識(買ってはいけないバイク)

買ってはいけない中古バイク

二輪免許を取得したばかりのバイク初心者が中古バイクを購入する際、どのような点に注意すべきなのでしょうか。販売店の選び方や購入時期など、選ぶ基準やコツはさまざまありますが、逆に「決して買ってはいけない中古バイク」は何を基準にすべきなのでしょうか。今回は、特にバイク初心者が陥りがちな中古バイクの罠について解説していきます。

 

中古バイクは1点もの

まず、中古バイクはそれぞれが1点ものであり、全く同じ条件の車体はほぼ存在しないということがポイントです。新車のようにどの販売店で購入しても一定の品質が担保されているものではなく、新品同様の抜群のコンディションの車体もあれば、エンジンに深刻な不調を抱えている車体も少なくありません。外装状態が良くても極端に価格の安い車体は特に注意すべきです。なぜ価格が安いのかを販売店の担当者へ確認し、その理由が納得できるものであれば購入しても良いですが、中には虚偽の説明をする悪質な販売店も存在します。過去に購入したことがある販売店など、信用できるところでない限りは慎重に判断する必要があります。

 

中古バイクは古過ぎも要注意

また、年式が極端に古いバイクもできるだけ避けるようにしましょう。アフターパーツが手に入らなかったり、そもそもエンジンの載せ替えやオーバーホールが必要なケースも多く、多額の整備費用が発生する可能性もあります。購入する際には必ずエンジンを掛けてみて、一発で始動するかを確認してみましょう。また、エンジンの始動後はカラカラといった異音がしないか、不規則なエンジン音がしていないかも併せて確認します。

 

中古バイクのエンジン回りを要チェック!

さらにエンジンの周りやフロントフォークなどにオイル漏れが見当たらないかも重要なポイントです。適切な整備を施すことによってオイル漏れは改善することもできますが、できれば避けたほうが無難です。納車時点では問題がなくても、後にオイル漏れが再発する可能性も否定できません。

 

中古バイクの外装状態を確認

また、外装状態についても細心の注意を払って確認しましょう。ボディの一部分だけが不自然に色が変わっていないか、パーツを交換した形跡がないか、さらには極端な改造が施された車体も注意したいところです。特に給排気系はカスタムの定番ですが、同時に本来のパフォーマンスを発揮できなかったり、違法改造によって車検を通すことのできないケースもあります。外装状態の良し悪しは以前のユーザーがメンテナンスを適切に行っていたかを知る判断基準にもなります。中古バイクである以上は細かな傷や凹みは許容される範囲ですが、錆や汚れ、傷が目立つ車体は避けたほうが無難です。

中古バイク購入の基礎知識(おすすめの購入時期)

あなたがこの記事を読まれている日は、何月何日ですか?中古バイクをいつ買おうと思っていますか?突然変な質問ですみません。タイトルにある通り、この記事では中古バイク購入のおすすめ時期をまとめています。時期でどういった変化が出るか、参考にしてみてください。

中古バイクは時期で値段が変わる?

中古バイクをできるだけ安く購入するためにはいくつかのコツがあります。ショップの販売担当者との交渉のコツや整備の内容など、ある程度専門的な知識を要するものも多いですが、初心者にとってはハードルが高いと感じるものです。しかし、実は専門的な知識がなくても初心者が簡単に見極められるコツもあります。

それは、バイクを購入する時期の問題です。バイクは自動車と違い、快適に楽しむことができる季節が限られています。当然のことながら冬の寒い時期はバイクに乗る人も極端に減り、不要になったバイクを下取りに出すユーザーも少なくありません。冬季は需要よりも圧倒的に供給のほうが有利にはたらき、その分価格も下落傾向にあるものです。そのため、結論から言ってしまえば中古バイクを購入するのは冬の期間が最もおすすめであるといえるのです。

 

中古バイクの地域による差

特に北海道や東北地方、北陸地方などの豪雪地帯の場合、冬の期間は物理的にバイクに乗ることができません。関西地方や中四国、九州など、冬でも雪の少ない地方であれば防寒対策をすることでバイクに乗ることは可能です。そのため、北海道や東北地方の相場は若干低い傾向にあることも確かです。しかし、遠方のユーザーが購入すると陸送費などもかかってしまうため、結果として価格はほとんど変わらないケースも多いものです。

冬の時期にバイクを購入するメリットは、納車整備に要する時間にあらかじめ余裕を持つことができるという点も挙げられます。3月から5月にかけてのシーズンが始まる時期はバイクの需要が一気に増え、多くの購入者が来店します。それに合わせて整備に要する時間も限られてしまうため、場合によっては納車の時期が通常よりも遅くなってしまうこともあります。1月下旬頃までに購入の手続きを完了させ、2月中に納車整備を行うようなスケジュールを組むと販売店にとっても時間の余裕が生まれて丁寧な整備をしてもらうことができます。

 

中古バイクはモデルチェンジ時期が狙い目

また、気候的な要因の他にもおすすめの時期があります。それは新型モデルの登場後です。旧モデルが新古車として出回るタイミングでもあり、状態の良い中古バイクを探しているユーザーにとっては絶好のタイミングであるといえます。また、決算の時期は販売店も売上を重視するため、より販売台数を伸ばそうと価格を下げることも少なくありません。そのような時期を狙い、価格の交渉をしてみるのも一つの有効な手段であるといえるでしょう。